高知四万十川 花の写真

ヤマシャクヤク 他 - 春 6 - 草花・木花 _ 花の写真

ヤマシャクヤク(白)の写真他 事前読み込み中。

ヤマアイ ヤマアイ ヤマウグイスカグラ ヤマウグイスカグラ ヤマシャクヤク(白) ヤマツツジ ヤマトグサ ヤマトグサ ヤマトレンギョウ ヤマネコノメソウ ヤマネコノメソウ ヤマヒイラギツバキ シロヤマブキ ヤエヤマブキ ヤマブキ ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマブキソウ ヤマモミジ_手向山 ヤマモミジ_手向山 ヤマモモ ヤマルリソウ ヤマルリソウ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― シロヤマブキ ( 白山吹 ) ―
( バラ科 シロヤマブキ属 )

― ヤマアイ ( 山藍 ) ―
( トウダイグサ科 ヤマアイ属 )

― ヤマウグイスカグラ ( 山鶯神楽 ) ―
( スイカズラ科 スイカズラ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州、四国、九州に分布。」
と記載されています。

― ヤマシャクヤク ( 山芍薬 ) ―
( ボタン科 ボタン属 )

― ヤマツツジ ( 山躑躅 ) ―
( ツツジ科 ツツジ属 5枚 漏斗形 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「北海道南部・本州・九州に分布し、低山の
 疎林内に生える半落葉低木。
 4〜6月に枝先の1つの花芽から1〜3個の
 花が咲く。」
と記載されています。


― ヤマトグサ ( 大和草 ) ―
( ヤマトグサ科 ヤマトグサ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「日本で初めて、日本人が日本の植物に学
 名をつけ、新種として発表した記念すべき
 植物。
 和名には、日本を意味する大和が付けら
 れました。
 山中の林下に生える多年草で雌雄同株で、
 雄花は20〜25個もある雄しべが垂れ下が
 り、雌花は緑色で小さく目立ちません。
 日本固有種。」
と記載されています。

― ヤマトレンギョウ ( 大和連翹 ) ―
( モクセイ科 レンギョウ属 )
日本の固有種で、中国地方に分布。
レンギョウにくらべて色が少し薄いそうです。

― ヤマネコノメソウ ( 山猫の目草 ) ―
( ユキノシタ科 ネコノメソウ属 )

― ヤマヒイラギツバキ ( 山柊椿 ) ―
( ツバキ科 ツバキ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「ヤブツバキの品種として区別されるもので、
 葉の縁に粗い鋭鋸歯が目立つ。
 分布は本州、四国。」
と記載されています。




― ヤマブキ ( 山吹 ) ―
( バラ科 ヤマブキ属 )

― ヤマブキソウ ( 山吹草 ) ―
( ケシ科 クサノオウ属 )

― ヤマモミジ「手向山」
    ( 山紅葉-タムケヤマ- )
 ―
( カエデ科 カエデ属 )
山紅葉の園芸品種。
牧野植物園の植物名ラベルには、
「葉が切れ葉で枝垂性。
 春から初夏まで赤茶色、夏はくすんだ緑色
 か濃い緑色になるものもある。
 別名は赤枝垂れ。」
と記載されています。

― ヤマモモ ( 山桃 ) ―
( ヤマモモ科 ヤマモモ属 )
分布 本州(関東地方南部以西)、四国、
    九州、沖縄。
生育地 暖地、沿岸域。

― ヤマルリソウ ( 山瑠璃草 ) ―
( ムラサキ科 ルリソウ属 )








ホーム「ヤ行」コーナートップ