高知四万十川 花の写真

シコクハンショウヅル 他 - 夏 2 - 花の写真

シコクハンショウヅルの写真他 事前読み込み中。

ジキタリス ジキタリス シコクナベワリ シコクハンショウヅル シコタンソウ シコタンハコベ シコタンハコベ シタキソウ シチダンカ シチョウゲ シナノアキギリ シナノキ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個
 別頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧
 で分類しています。

― ジキタリス ( … ) ―
( ゴマノハグサ科 ジキタリス属 )
別名をキツネノテブクロ (狐の手袋) というそうです。

- シコクナベワリ ( 四国舐割 ) -
( ビャクブ科 ナベワリ属 )

- シコクハンショウヅル ( 四国半鐘蔓 ) -
( キンポウゲ科 センニンソウ属 )





― シコタンソウ ( 色丹草 ) ―
( ユキノシタ科 ユキノシタ属 )
分布 北海道、本州 (中部地方以北)。
生育地 亜高山や高山の岩場や砂礫地など。

― シコタンハコベ ( 色丹繁縷 ) ―
( ナデシコ科 ハコベ属 )
分布 北海道、本州 (中部地方以北)。
生育地 亜高山帯から高山帯の岩礫地に生える。

― シタキソウ ( 舌切草 ) ―
( ガガイモ科 シタキソウ属 )

― シチダンカ ( 七段花 ) ―
( ユキノシタ科 アジサイ属 )
ヤマアジサイの仲間で、装飾花が八重咲きになったものがシチダンカだそうです。




― シチョウゲ ( 紫丁花 ) ―
別名 イワハギ (岩萩)。
( アカネ科 シチョウゲ属 )
分布 本州 (紀伊半島)、四国 (高知県)。
生育地 川岸の岩場に生える。

― シナノアキギリ (信濃秋桐) ―
( シソ科 アキギリ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「1992年に牧野博士が植物研究雑誌に発表
 した日本固有のシソ科の多年草。
 種小名は、発見者の小山海太郎氏に由来
 する。
 絶滅が危惧される種として環境省のレッド
 データに記載されている。」
と記載されています。

― シナノキ ( 科の木 ) ―
( シナノキ科 シナノキ属 )
北海道、本州、四国、九州に分布する落葉高木。


ホーム「サ行」コーナートップ