高知四万十川 花の写真

菜の花 他 - 春1 - 草花・木花 _ 花の写真

菜の花の写真他 事前読み込み中。

ナガバノタチツボスミレ ナガバモミジイチゴ ナシ ナシ ナズナ ナスヒオウギアヤメ ナツグミ ナツグミ ナツトウダイ ナツトウダイ ナツハゼ ナツハゼ ナツロウバイ ナツロウバイ 菜の花 菜の花 ナベワリ ナベワリ ナラヤエザクラ ナラヤエザクラ ナルキッサス・バルボコディウム ナルキッサス・バルボコディウム ナンバンキブシ ナンバンキブシ ナンブイヌナズナ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― ナガバノタチツボスミレ
  ( 長葉の立坪菫 )
 ―
( スミレ科 スミレ属 )
地上茎有

ナガバモミジイチゴ ( 長葉紅葉苺 )
( バラ科 キイチゴ属 )

- ナシ ( 梨 ) -
( バラ科 ナシ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「リンゴやブドウなどと共に最も古くから栽培
 されてきた果樹のひとつで、ヤマナシが栽
 培化されたものと考えられている。
 本州以南では自生が見られるが、人里付
 近に限られ、植物遺体も弥生時代以降し
 か出土しないことから人の手によるものと
 思われる。」
と記載されています。

― ナズナ ( 薺 ) ―
( アブラナ科 ナズナ属 )

- ナスヒオウギアヤメ ( 那須檜扇文目 ) -
( アヤメ科 アヤメ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「栃木県那須地方に産する。
 花期6月。
 花茎は1mを超え、花の内花被片がヒオウ
 ギアヤメの2倍ある。」
と記載されています。


― ナツグミ ( 夏茱萸 ) ―
( グミ科 グミ属 )

― ナツトウダイ ( 夏灯台 ) ―
( トウダイグサ科 トウダイグサ属 )

― ナツハゼ ( 夏櫨 ) ―
( ツツジ科 スノキ属 )
分布 北海道、本州、四国、九州。
生育地 山地、丘陵。

― ナツロウバイ ( 夏蝋梅 ) ―
( ロウバイ科 ナツロウバイ属 )
冬に咲くロウバイとはイメージがかなり違って大きめの綺麗な花が咲きます。

― ナノハナ ( 菜の花 ) ―
( アブラナ科 アブラナ属 )
分布 日本全土。
生育地 景観作物としての栽培、人里、田畑、河原、渓流など。

四万十川と菜の花の写真が自然に増えてきています。

四万十川菜の花サイクリング
中村赤鉄橋と菜の花
菜の花接待所と四万十川遊覧船
菜の花祭り - 入田ヤナギ林
四万十川佐田沈下橋
四万十川三島キャンプ場
四万十川上岡沈下橋

― ナベワリ ( 舐割 ) ―
( ビャクブ科 ナベワリ属 )






― ナラヤエザクラ ( 奈良八重桜 ) ―
( バラ科 サクラ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「奈良や京都で栽培されていたサクラで、牧
 野日本植物図鑑初版にカラー図版で描か
 れている。
 牧野博士は「里ざくら中の稀品ニシテ元来
 けやまざくらヨリ派生シ」と記述しているが、
 現在ではカスミザクラが重弁化したものと
 考えられている。」
と記載されています。

- ナルキッサス・バルボコディウム ( … ) -
( ヒガンバナ科スイセン属 )
別名はペチコート・スイセンです。
ゴールデンベルは園芸品種です。

― ナンバンキブシ ( 南蛮木五倍子 ) ―
( キブシ科 キブシ属 )

― ナンブイヌナズナ ( 南部犬薺 ) ―
( アブラナ科 イヌナズナ属 )
自生地では6月から7月に咲くそうですが、栽培すると4月上旬から5月上旬に咲くそうです。

















ホーム「ナ行」コーナートップ