高知四万十川 花の写真

ナンバンギセル 他 - 秋 - 草花・木花 _ 花の写真

ナンバンギセルの写真他 事前読み込み中。

ナカガワノギク ナカガワノギク ナガバシャジン ナガバノコウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ カワラナデシコ ハマナデシコ ナリヤラン ナンザンスミレの園芸品種 ナンバンギセル ナンバンギセル ニオウヤブマオ ニラの花 ネコノヒゲ ネリネ ノゲイトウ ノコンギク ノコンギク ノジギク ノジギク ノシラン ノダケ ノダケ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― カワラナデシコ ( 河原撫子 ) ―
( ナデシコ科 ナデシコ属 )

― ナカガワノギク ( 那賀川野菊 ) ―
( キク科 キク属 )
分布 徳島県。
生育地 那賀川流域の岩壁。

― ナガバシャジン ( 長葉沙参 ) ―
( キキョウ科 ツリガネニンジン属 )
ツリガネニンジンとは少し違うようなので調べていたらナガバシャジンに行きつきました。

- ナガバノコウヤボウキ (長葉の高野箒) -
( キク科 コウヤボウキ属 )
分布 本州(宮城県以西)、四国、九州。
生育地 明るい雑木林など、蛇紋岩地。







― ナリヤラン ( 成屋蘭 ) ―
( ラン科 ナリヤラン属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「展示中の株は当園に植栽している石垣島産
 の株より種子を採取し、高知県立農業大学
 校で育成されたものです。
 日本では西表島と石垣島のみに自生し絶滅
 危惧種に指定されています。」
と記載されています。

― ナンザンスミレ ( 南山菫 ) ―
( スミレ科 スミレ属 )
地上茎無

― ナンバンギセル ( 南蛮煙管 ) ―
( ハマウツボ科 ナンバンギセル属 )

― ニオウヤブマオ ( 仁王藪苧麻 ) ―
( イラクサ科 ヤブマオ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州・四国・九州、中国、東南アジアに分布
 し、海岸に生育する。
 雄花序を付け、葉は厚く裏面に毛を密生し
 てビロード状、鋸歯は丸い。
 開花期8〜10月頃。
 別名オニヤブマオ。」
と記載されています。

― ニラ ( 韮 ) ―
( ユリ科 ネギ属 )


― ネコノヒゲ ( 猫の髭 ) ―
( シソ科 ネコノヒゲ属 )

― ネリネ ( … ) ―
( ヒガンバナ科 ネリネ属 )

― ノゲイトウ ( 野鶏頭 ) ―
( ヒユ科 ケイトウ属 )

― ノコンギク ( 野紺菊 ) ―
( キク科 シオン属 )
分布 本州、四国、九州。
生育地 山野。

― ノジギク (野路菊) ―
( キク科 キク属 )
分布 本州西部、四国、九州。
生育地 海岸付近。

― ノシラン ( 熨斗蘭 ) ―
( ユリ科 ジャノヒゲ属 )

― ノダケ ( 野竹 ) ―
( セリ科 シシウド属 )

― ハマナデシコ ( 浜撫子 ) ―
( ナデシコ科 ナデシコ属 )





ホーム「ナ行」コーナートップ