高知四万十川 花の写真

ミヤマコナスビ 他 - 夏 - 草花・木花 _ 花の写真

ミヤマコナスビの写真他 事前読み込み中。

マツムラソウ マツムラソウ マツモトセンノウ ママコノシリヌグイ ママコノシリヌグイ マルバマンネングサ マルバマンネングサ ミシマサイコ ミシマサイコ ミズアオイ ミズアオイ ミズキンバイ ミズキンバイ ミズヒキ ミソハギ ミソハギ ミチノクコザクラ ミヤマアズマギク ミヤマクワガタ ミヤマクワガタ ミヤマコナスビ ミヤマコナスビ ミヤマトベラ ミヤマナルコユリ ミヤマナルコユリ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個
 別頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧
 で分類しています。

― マツムラソウ ( 松村草 ) ―
( イワタバコ科 マツムラソウ属 )
写真のように花の内部は赤くなっています。
沖縄県の石垣島、 西表島及び台湾に分布しているそうです。

― マツモトセンノウ ( 松本仙翁 ) ―
( ナデシコ科 センノウ属 )

ママコノシリヌグイ ( 継子の尻拭い )
( タデ科 タデ属 )

― マルバマンネングサ (丸葉万年草) ―
( ベンケイソウ科 マンネングサ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「乾いた岩上などにはえる多年草。
 1887年、牧野博士がロシアのマキシモ
 ヴィッチに標本を送り、同氏が牧野博
 士を記念してmakinoiと命名した。
 博士は友人への手紙にその喜びを報じ
 ている。
 別名をマメゴケという。」
と記載されています。

― ミシマサイコ ( 三島柴胡 ) ―
( セリ科 ミシマサイコ属 )
分布 本州、四国、九州。
生育地 山野。


― ミズアオイ ( 水葵 ) ―
( ミズアオイ科 ミズアオイ属 )

― ミズキンバイ ( 水金梅 ) ―
( アカバナ科 チョウジタデ属 )

― ミズヒキ ( 水引 ) ―
( タデ科 ミズヒキ属 )
図鑑等には、近寄って見ると上側3枚は赤く、下の1枚は白くみえる。
これを紅白の水引に見立てて名が付いたとあります。

― ミソハギ ( 禊萩 ) ―
( ミソハギ科 ミソハギ属 )
分布 本州、四国、九州。
生育地 水田や田畑の畦。

― ミチノクコザクラ ( 陸奥小桜 ) ―
( サクラソウ科 サクラソウ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「青森県の岩木山に分布。」
と記載されています。

― ミヤマアズマギク ( 深山東菊 ) ―
( キク科 ムカシヨモギ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「南千島・北海道・本州中北部・朝鮮などに
 分布。」
と記載されています。

― ミヤマクワガタ ( 深山鍬形 ) ―
( ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 )
分布 本州 (中部地方以北)。
生育地 高山の砂礫地。



― ミヤマコナスビ ( 深山子茄子 ) ―
( サクラソウ科 オカトラノオ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州(三重県・和歌山県)、四国、九州
 (中部)に分布。
 山地の林の中にはえる多年草。
 葉は対生し、円形に近く、先端は尖ら
 ない。
 6〜7月に、黄色い花をつける。」
と記載されています。

― ミヤマトベラ ( 深山扉 ) ―
( マメ科 ミヤマトベラ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「内陸部のシイ・カシの優占する常緑広葉
 樹林の林床に自生する小型低木。
 7月ごろ白い花を咲かせ、10月〜11月に
 黒い果実をつける。」
と記載されています。

- ミヤマナルコユリ ( 深山鳴子百合 ) -
( ユリ科 アマドコロ属 )
分布 北海道、本州、四国、九州。
生育地 山地の林縁や林道脇など。














ホーム「マ行」コーナートップ