高知四万十川 花の写真

キツリフネ 他 - 秋 2 - 草花・木花 _ 花の写真

キツリフネの写真他 事前読み込み中。

キイシオギク キキョウ キキョウ キクタニギク キクタニギク キセワタ キダチチョウセンアサガオ キチジョウソウ キチジョウソウ キツネノカミソリ キツネノカミソリ キツリフネ キノクニスズカケ キバナアキギリ キバナアキギリ キバナアマ キバナノツキヌキホトトギス キバナノツキヌキホトトギス キンミズヒキ ギンミズヒキ キンモクセイ キンモクセイ ギンリョウソウモドキ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― キイシオギク ( 紀伊潮菊 ) ―
別名 キノクニシオギク ( 紀国潮菊 )。
( キク科 キク属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「イソギクとシオギクの中間型の形態をもつ
 こと、染色体の観察による近年の研究結
 果などから、イソギクとシオギクの雑種起
 源と推定されている。
 和歌山県から三重県までの紀伊半島の海
 岸に自生し、分布域も両種の間である。
 形態および染色体数に個体変異が大きく、
 このことも雑種起源を裏付けている。
 総苞外片は線形でシオギク型、葉はへら
 形でイソギク型、頭花には舌状花はなく、
 大きさはシオギクとイソギクの中間のサイ
 ズとなる。
 キク属に含まれるもので舌状花をもたない
 イソギク、シオギクや本種などはイワインチ
 ン節というグループに分けられ、このグル
 ープにはこれら3種のように海岸に生える
 ものと、イワインチンのように高山帯に生え
 るものがある。
 ちなみに舌状花をもつノジギク、リュウノウ
 ギクなどは、キク節というグループに分け
 られている。」
と記載されています。

― キキョウ ( 桔梗 ) ―
( キキョウ科 キキョウ属 )
分布 北海道、本州、四国、九州。
生育地 日当たりの良い山野。

― キクタニギク ( 菊渓菊 ) ―
別名はアワコガネギク ( 泡黄金菊 )です。
( キク科 キク属 )
分布 本州(東北地方南部以南)、九州(北部)。
生育地 やや乾いた山地や土手など。

― キセワタ ( 着せ綿 ) ―
( シソ科 メハジキ属 )


― キダチチョウセンアサガオ
   ( 木立朝鮮朝顔 )
 ―
( ナス科 キダチチョウセンアサガオ属 )

― キチジョウソウ ( 吉祥草 ) ―
( ユリ科 キチジョウソウ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州(関東地方以西)・四国・九州に分布。
 林下にはえる根茎のある多年草で、東アジ
 アに1種類あるだけである。
 和名は吉祥草。
 これを植えている家に吉事があると開花す
 るという言い伝えから、めでたい草という意
 味で、この名がついたという。」
と記載されています。

― キツネノカミソリ ( 狐の剃刀 ) ―
( ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 )

― キツリフネ ( 黄釣船 ) ―
( ツリフネソウ科 ツリフネソウ属 )

― キノクニスズカケ ( 紀国鈴掛 ) ―
( ゴマノハグサ科 クガイソウ属 )
分布 紀伊半島南部にのみ自生。
生育地 川近くの林中に生える多年草。

― キバナアキギリ ( 黄花秋桐 ) ―
( シソ科 アキギリ属 )

― キバナアマ ( 黄花亜麻 ) ―
( アマ科 キバナアマ属 )
分布 インド北部から中国。
生育地 庭植えや鉢植え。

― キバナノツキヌキホトトギス
   ( 黄花の突抜杜鵑草 )
 ―
( ユリ科 ホトトギス属 )
茎が葉の下部を貫通してツキヌキ形になっています。
宮崎県のごく一部に自生しているそうです。

牧野植物園の植物名ラベルには、
「世界中で宮崎県尾鈴山にのみ自生する固
 有種。
 渓谷の崖などに下垂して生える多年草。
 花期9月〜10月。」
と記載されています。



― キンミズヒキ ( 金水引 ) ―
( バラ科 キンミズヒキ属 )

― ギンミズヒキ ( 銀水引 ) ―
( タデ科 タデ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「ミズヒキの白花品種で、牧野博士が、牧野
 植物図鑑の中で   Polygonum filiforme
 Thunb.f.albiflorum Makinoという学名をつけ
 た。
 しかし、これにはラテン語記載がなく、正式
 発表ではないため、後に、檜山庫三が正式
 に発表した。
 現在は、Persicaria属として扱われる。」
と記載されています。

― キンモクセイ ( 金木犀 ) ―
( モクセイ科 モクセイ属 )

- ギンリョウソウモドキ ( 銀竜草擬き ) -
( イチヤクソウ科 シャクジョウソウ属 )
「ギンリョウソウモドキ」は別名「アキノギンリョウソウ」とも呼ばれます。
「ギンリョウソウ」はこちらです。

スポンサードリンク











ホーム「カ行」コーナートップ