高知四万十川 花の写真

ホソバヒメトラノオ 他 - 夏 5 - 草花・木花

ホソバヒメトラノオの写真他 事前読み込み中。

ホソバヒナウスユキソウ ホソバヒナウスユキソウ ホソバヒメトラノオ ホソバヒメトラノオ ホタルブクロ ホタルブクロ ボタンクサギ ボタンクサギ ボタンボウフウ ボタンボウフウ ホルトノキ ホルトノキ ホンコンヤマボウシ ホンコンヤマボウシ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個
 別頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧
 で分類しています。

― ホソバヒナウスユキソウ
          ( 細葉雛薄雪草 )
 ―
( キク科 ウスユキソウ属 )
分布 至仏山、谷川岳。

- ホソバヒメトラノオ ( 細葉姫虎の尾 ) -
( ゴマノハグサ科 ルリトラノオ属 )
分布 本州 (西部)・四国・九州。
生育地 低山地の草地。

― ホタルブクロ ( 蛍袋 ) ―
( キキョウ科 ホタルブクロ属 )
分布 北海道(西南部)、本州、四国、九州。
山地、草原。




― ボタンクサギ ( 牡丹臭木 ) ―
( クマツヅラ科 クサギ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「別名「ヒマラヤクサギ」ともいい、
 中国南部からインドに分布するクサギの
 仲間。
 低木であることや花が美しいことから園
 芸植物として導入され栽培される。
 日本産の臭木と同様、枝や葉に臭気があ
 る。」
と記載されています。

― ボタンボウフウ ( 牡丹防風 ) ―
( セリ科 カワラボウフウ属 )
花期は、7月から10月ごろで、高知県では、中土佐町から足摺岬にかけての西部の海岸に見られるそうです。

牧野植物園の植物名ラベルには、
「土佐清水市など県西部の海岸に生え、
 葉が牡丹に似るのでこの名がある。
 キアゲハの幼虫が葉を好んで食べる。
 花は7月〜9月。」
と記載されています。


― ホルトノキ ( … ) ―
( ホルトノキ科 ホルトノキ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州 (千葉県南部以西)・四国・九州・
 琉球・硫黄列島、朝鮮 (済州島)に分布
 する常緑高木。
 ヤマモモに似るが、緑葉の中に赤い老葉
 が混じるところで区別できる。
 花は前年の枝につく。」
と記載されています。

- ホンコンヤマボウシ ( 香港山法師 ) -
( ミズキ科 ミズキ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「中国の海抜350〜1700mぐらいの常緑
 樹林内などにはえる常緑のヤマボウシ
 の仲間で、5〜6月ごろ花をつける。
 峨眉山産。
 分布 中国。」
と記載されています。






ホーム「ハ行」コーナートップ