高知四万十川 花の写真

ヒルガオ 他 - 夏 7 - 草花・木花 _ 花の写真

ヒルガオの写真他 事前読み込み中。

ヒメタイサンボク ヒメタイサンボク ヒメトラノオ ヒメトラノオ ヒメノボタン ヒメノボタン ヒメハッカ ヒメハマナデシコ ヒメハマナデシコ ヒメヒオウギズイセン ヒメヤブラン ヒメユリ ヒヨドリバナ ヒルガオ ビロードムラサキ ビロードムラサキ ビロードモウズイカ ビロードモウズイカ ヒロハコンロンカ ヒロハコンロンカ ヒロハチシャノキ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個
 別頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧
 で分類しています。

― ヒメタイサンボク ( 姫泰山木 ) ―
( モクレン科 モクレン属 )

― ヒメトラノオ ( 姫虎の尾 ) ―
( ゴマノハグサ科 ルリラノオ属 )

― ヒメノボタン ( 姫野牡丹 ) ―
( ノボタン科 ヒメノボタン属 )

― ヒメハッカ ( 姫薄荷 ) ―
( シソ科 ハッカ属 )

― ヒメハマナデシコ ( 姫浜撫子 ) ―
( ナデシコ科 ナデシコ属 )


- ヒメヒオウギズイセン ( 姫檜扇水仙 ) -
( アヤメ科  ヒメトウショウブ属 )
分布 ヨーロッパから渡来した園芸種。
生育地 日本各地で野生化。

- ヒメヤブラン ( 姫藪蘭 ) -
( ユリ科  ヤブラン属 )
分布 日本全土。
生育地 日当たりのよい草地。
牧野植物園の植物名ラベルには、
「牧野博士が師と仰いだロシアの植物学者
 マキシモヴィッチは、当初、本種をジャ
 ノヒゲ属として記載した。
 後に牧野博士は、分類学的研究によりヤ
 ブラン属に組み替えた。
 日当たりのよい場所に生える多年草で、
 7-9月に淡紫色の花をつける。」
と記載されています。

― ヒメユリ ( 姫百合 ) ―
( ユリ科 ユリ属 )



― ヒヨドリバナ ( 鵯花 ) ―
( キク科 ヒヨドリバナ属 )

― ヒルガオ ( 昼顔 ) ―
( ヒルガオ科 ヒルガオ属 )
(集)-コヒルガオ

― ビロードムラサキ ( 天鵞絨紫 ) ―
( クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 )

- ビロードモウズイカ ( 天鵞絨毛蕊花 ) -
( ゴマノハグサ科 モウズイカ属 )

― ヒロハコンロンカ ( 広葉崑崙花 ) ―
( アカネ科 コンロンカ属 )

― ヒロハチシャノキ ( … ) ―
( ムラサキ科 チシャノキ属 )






ホーム「ハ行」コーナートップ