高知四万十川 花の写真

ハンカイソウ 他 - 夏 6 - 草花・木花 _ 花の写真

ハンカイソウの写真他 事前読み込み中。

ハマオモト ハマカンゾウ ハマゴウ ハマゴウ ハマナス ハマナス ハマナツメ ハマナツメ ハマニンドウ ハマボウ ハマボウ ハマボウフウ ハマボッス スブニール・ドゥ・ラ・マルメドン スブニール・ドゥ・ラ・マルメドン バライチゴ バランギボウシ バランギボウシ ハンカイソウ ハンゲショウ ハンゲショウ ハンショウヅル

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個
 別頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧
 で分類しています。

― ハマオモト ( 浜万年青 ) ―
( ヒガンバナ科 ハマオモト属 )
分布 本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄
生育地 海岸の砂地。

― ハマカンゾウ ( 浜萓草 ) ―
( ユリ科 ワスレグサ属 )

― ハマゴウ ( 浜栲 ) ―
( シソ科←クマツヅラ科 ハマゴウ属 )
海岸の砂地に生える常緑の低木で、茎は砂の上をはって伸びるそうです。
牧野植物園の植物名ラベルには、
「東南アジア・太平洋沿岸・オーストラリ
 アなどの温帯から熱帯にかけて広く分布
 する。
 海岸沿いの砂浜などに自生する常緑の小
 低木で、地面を這う。
 果実は、生薬名を蔓荊子(マンケイシ)
 といい、鎮痛、鎮静、消炎作用として用
 いられる。」
と記載されています。


― ハマナス ( 浜梨 ) ―
( バラ科 バラ属 )

― ハマナツメ ( 浜棗 ) ―
( クロウメモドキ科 ハマナツメ属 )
分布 本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄
生育地 暖地の海岸近くに生える。

― ハマニンドウ ( 浜忍冬 ) ―
( スイカズラ科 スイカズラ属 )
花は白色から黄色に変わっていくそうです。

― ハマボウ ( 浜朴 ) ―
( アオイ科 フヨウ属 )

― ハマボウフウ ( 浜防風 ) ―
( セリ科 ハマボウフウ属 )

― ハマボッス ( 浜払子 ) ―
( サクラソウ科 オカトラノオ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「北海道〜小笠原、台湾・中国(南部・中央
 部)・フィリピン・太平洋諸島に分布。
 海岸に生える越年草。
 果皮は熟すとてっぺんに小さな穴があき、
 種子を多数まき散らす。
 和名は白い花が集まる穂を仏具の払子
 (ほっす)に見立てたため。
 花期は4〜7月。」
と記載されています。


― バラ ( 薔薇 ) ―
( バラ科 バラ属 )

― バライチゴ ( 薔薇苺 ) ―
( バラ科 キイチゴ属 )

― バランギボウシ ( 葉蘭擬宝珠 ) ―
( ユリ科 ギボウシ属 )

― ハンカイソウ ( 樊膾草 ) ―
( キク科 メタカラコウ属 )

― ハンゲショウ ( 半夏生 ) ―
( ドクダミ科 ハンゲショウ属 )
分布 本州 (秋田県・岩手県以南)、四国、九州、沖縄。
生育地 低地の水辺や湿地に群生する。

― ハンショウヅル ( 半鐘蔓 ) ―
( キンポウゲ科 センニンソウ属 )













ホーム「ハ行」コーナートップ