高知四万十川 花の写真

ハクショウ 他 - 春 1 - 草花・木花 _ 花の写真

ハクショウの写真他 事前読み込み中。

バイカイカリソウ バイカイカリソウ バイカカラマツ ハイノキ ハイノキ ハウチワカエデ ハクウンボク ハクウンボク ハクサンボク ハクショウ ハクチョウゲ ハクチョウゲ ハクモクレン ハクモクレン ハコネウツギ ハコベ ハタケニラ ハタケニラ ハタザオ ハッカクレン ハッカクレン ハナショウブ ハナニガナ ハナニガナ ハナニラ ハナニラ ハナノキ ハハコグサ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― バイカイカリソウ ( 梅花碇草 ) ―
( メギ科 イカリソウ属 )

― バイカカラマツ ( 梅花落葉松 ) ―
( キンポウゲ科 バイカカラマツ属 )
花期は、4〜5月頃。
北米原産で日本には自生地はないそうです。

― ハイノキ ( 灰の木 ) ―
( ハイノキ科 ハイノキ属 5枚 )
分布 本州 (近畿地方以西)、四国、九州。
生育地 山地。

― ハウチワカエデ ( 羽団扇楓 ) ―
( カエデ科 カエデ属 )
東山植物園の植物名ラベルには、
「4月頃、本年枝の先に、暗紅紫色の花を開
 く。」
と記載されています。

― ハクウンボク ( 白雲木 ) ―
( エゴノキ科 エゴノキ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「北海道・本州・四国・九州、朝鮮・中国に分
 布。
 山地に生える落葉小高木。
 和名は白い花が満開になった様子が白雲
 のようであるところから。
 花期が5〜6月。」
と記載されています。


― ハクサンボク ( 白山木 ) ―
( スイカズラ科 ガマズミ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州 (伊豆半島・伊豆諸島・愛知県・山口
 県)・九州・琉球に分布し、暖温帯林に生え
 る常緑低木〜小高木。
 3〜5月に散房花序をつけ、花は白色で悪
 臭がする。」
と記載されています。

― ハクショウ ( 白松 ) ―
( マツ科 マツ属 )
雄花

― ハクチョウゲ ( 白丁花 ) ―
( アカネ科 ハクチョウゲ属 )

― ハクモクレン ( 白木蓮 ) ―
( モクレン科 モクレン属 )

― ハコネウツギ ( 箱根空木 ) ―
( スイカズラ科 タニウツギ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「北海道 (南部)・本州・四国・九州の沿岸地
 の海岸林に生える落葉低木。
 牧野富太郎は著書「新牧野日本植物図鑑」
 にて「箱根には本種はなく、誤認に基づくも
 のである。」と記載している。」
と記載されています。

― ハコベ ( 繁縷 ) ―
( ナデシコ科 ハコベ属 )

― ハタケニラ ( 畑韮 ) ―
( ユリ科 ハタケニラ属 )
分布 北アメリカ原産の帰化植物。




― ハタザオ ( 旗竿 ) ―
( アブラナ科 ハタザオ属 )
(集)-シコクハタザオ

― ハッカクレン ( 八角蓮 ) ―
( メギ科 ミヤオソウ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「中国、台湾に分布。
 地中に伸びる太い根茎は薬用とされ、清
 熱・解毒などの効果があります。」
と記載されています。

― ハナショウブ ( 花菖蒲 ) ―
( アヤメ科 アヤメ属 )

― ハナニガナ ( 花苦菜 ) ―
( キク科 ニガナ属 )

― ハナニラ ( 花韮 ) ―
( ユリ科 ハナニラ属 )

― ハナノキ ( 花の木 ) ―
( カエデ科 カエデ属 )
分布 本州 (長野・愛知・岐阜県)。
生育地 庭木など。

― ハハコグサ ( 母子草 ) ―
( キク科 ハハコグサ属 )












ホーム「ハ行」コーナートップ