高知四万十川 花の写真

アマナ 他 - 春 7 - 草花・木花 _ 花の写真

アマナの写真他 事前読み込み中。

アマドコロ アマドコロ アマナ アマミセイシカ アマミセイシカ アミガサユリ アミガサユリ アメリカアカバナトチノキ アメリカアカバナトチノキ アメリカイワナンテン アメリカイワナンテン アメリカフウロ アメリカフウロ カンザキアヤメ キリガミネヒオウギアヤメ トバタアヤメ ナスヒオウギアヤメ アリッサム アリドオシ アリマウマノスズクサ アリマグミ アワコバイモ アンズ

 information

● 花のメニュー表示について

・花の名前の右側の「詳細有」は、花の個別
 頁があります。

・⇒ (…) は、似た名前の花を名前順一覧で
 分類しています。

― アマドコロ ( 甘野老 ) ―
( ユリ科 アマドコロ属 )
花の形がよく似ているものに,ナルコユリ(鳴子百合)があります。
ナルコユリは茎は丸く、さわるとつるつるしているそうです。
アマドコロは、さわるとすじが角張った感じで、でこぼこしているそうです。

― アマナ ( 甘菜 ) ―
( ユリ科 アマナ属 )

― アマミセイシカ ( 奄美聖紫花 ) ―
( ツツジ科 ツツジ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「セイシカの変種で奄美大島に固有。
 基本種に比べ葉が細く、花柱が有毛。」
と記載されています。

― アミガサユリ ( 編笠百合 ) ―
( ユリ科 バイモ属 )
なんでアミガサユリの名前がついているのかと思って調べていたら、 花弁の内側に(外側にも)網目の模様があることから名付けられたそうです。
そこで写真をよく見てみると花弁の外側に網目が見えます。




― アメリカアカバナトチノキ
    ( 亜米利加赤花栃の木 )
 ―
( トチノキ科 トチノキ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「湿った樹林や流水辺にはえる樹高4〜6m
 ほどの落葉小高木で、花は鮮紅色。
 分布 北米 (南東部)。」
と記載されています。

― アメリカイワナンテン
    ( 亜米利加岩南天 )
 ―
( ツツジ科 イワナンテン属 )

― アメリカフウロ ( 亜米利加風露 ) ―
( フウロソウ科 フウロソウ属 )

― アリッサム ( … ) ―
( アブラナ科 ロブラリア属 )

― アリドオシ ( 蟻通し ) ―
( アカネ科 アリドオシ属 )

― アリマウマノスズクサ
    ( 有馬馬の鈴草 )
 ―
( ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属 )














― アリマグミ ( 有馬茱萸 ) ―
( グミ科 グミ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「落葉小高木。
 果実は小型で6〜7月に紅熟し、果柄は長
 く長さ1.5〜3cmになる。
 1928年、牧野博士が有馬の標本をもとに
 学名を発表した。
 種小名のmurakamianaは、発見者である
 有馬郡在住の村上仙太郎氏を記念した
 もの。
 兵庫県産。
 分布 本州(静岡県〜兵庫県)・香川県」
と記載されています。

― アワコバイモ ( 阿波小貝母 ) ―
( ユリ科 バイモ属 )
牧野植物園の植物名ラベルには、
「本州(岐阜県・静岡県・愛知県)・四国・熊本
 県に分布。」
と記載されています。

― アンズ(杏) ―
( バラ科 サクラ属 )

― カンザキアヤメ ( 寒咲文目 ) ―
( アヤメ科 アヤメ属 )

― キリガミネヒオウギアヤメ
   ( 霧ヶ峰檜扇文目 )
 ―
( アヤメ科 アヤメ属 )

― トバタアヤメ ( 戸畑文目 ) ―
( アヤメ科 アヤメ属 )

- ナスヒオウギアヤメ ( 那須檜扇文目 ) -
( アヤメ科 アヤメ属 )


ホーム「ア行」コーナートップ